対応業務を細かく確認!他社とのサービス比較も必要

サービス内容を確かめておく

電話代行業者を選ぶ場合には、確認しておきたいポイントがいくつかあります。まず大切なのは、料金形態でしょう。例えば基本料金の中に依頼したい業務内容がすべて含まれているのか、それとも追加料金が発生するのか、などのことを確認しておく必要があります。応対業務についても、事前に細かく確かめておきます。依頼したい仕事内容が顧客や取引先からの電話に対して用件を聞くだけでよいのか、それとも担当者に取次ぎをしたり、商品の受注や受付などの対応をしたりするところまでなのかを明確にしておくことが大切です。オペレーターの品質についても、大切なポイントです。採用基準や経験年数、適性などについても、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

複数の業者を比較してみる

電話応対には、業種による違いというものもあります。取次ぎをする際にも、専門的な知識が必要になる業種もあるでしょう。このような場合、その業種や業界に対して専門的な対応ができる電話代行会社を選ぶことが大切です。あらかじめ知識のある会社なら、専門用語などの説明にかかる時間を短縮することができますし、顧客対応などもスムーズにいくでしょう。これから仕事を頼もうとしている代行会社が、依頼したい業務内容や業種に詳しいのかどうかは、しっかり確認する必要があります。

さらに大切なのは、一カ所だけで決めてしまうのではなく、複数の業者に話を聞いて比較してみることです。業者によってサービス内容は微妙に違いますので、もっとも希望に近いプランを提供してくれる会社を探しましょう。