夜間や土日祝日は割高になることも

利用する上での注意点

人員が少なく担当スタッフを配置できないといった理由で電話代行サービスを利用する企業が増えています。この電話代行サービスを利用するにあたって気を付けなくてはいけないのがオプションサービスです。ライバル業者との競争が激しくなっている中で、週末や夜間の時間帯でも対応してくれるサービスを取り入れている所も多くあります。このサービスは24時間365日いつでも電話を受けてくれる利便性の高さがメリットの反面、月額料金が高くなってしまうケースも少なくありません。昼夜を問わず外部から電話が掛かってくる業者であれば十分な費用対効果は得ることはできます。しかし営業時間外に電話が掛かってこない業種は無駄な出費となってしまうので注意が必要です。

夜間対応のサービスを上手に使うコツ

夜間や会社が休みになる週末に掛かってくる外部からの電話の対応をしてもらうサービスを利用する場合の重要なポイントが契約内容です。電話対応のサービスは大きく月額料金、回数制限などいくつかのプランに分けられます。月額料金制は大半が回数に制限が設けられていないので安心して利用することができますが、料金は若干高めです。一方回数制限のあるプランは月額料金が安い分、既定の回数を超えるとそれ以降は都度課金という仕組みになっています。このプランは日中はもちろん、夜間や週末に掛かってくる電話にも適応されるのが特徴です。電話が掛かってくる回数は少ないけれど0ではないのでサービスを利用したいという場合は回数制限にすると費用を抑えることができます。